住宅ローンのご相談Q&A

Q 頭金ってどのくらい必要?

A 無理のない資金計画なら基本的に0円からOKです。
不動産をご購入いただくときには物件の代金の他に諸費用(登記費用・印紙代・火災保険等)
が必要になります。この諸費用の金額は物件によって様々ですが物件の価格が高額になるほど
現金でご準備いただく方が住宅ローンの審査には有利になります。しかしお客様のご購入希望の
物件価格や資金計画に無理がない場合は、ほとんどの金融機関で諸費用ローンが準備されています。
こちらをご利用いただけば自己資金0円でもOKとなります。※ただし、諸費用ローンは物件の
引き渡しの際に実行されますので、引き渡しまでに必要な費用は一時的にお手持ちの現金を
ご利用いただくこととなります。(約10万円~50万円)

Q 買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

A はい!ご希望の金融機関のご指定もOKです!
都市銀行を初め多数の地方銀行とも取引実績がございますので、
住宅ローンの審査基準に関する知識も住宅ローン承認後の金利優遇に関する
事もあらゆる方向からお客様の希望に合ったご提案をさせていただきます。
また、当店には住宅ローンアドバイザーも在籍しておりますので
住宅ローンに関することはなんでもご安心してご相談ください。

Q いくらくらいの物件が買えるかわからない。相談に乗ってもらえる?

A もちろんです!秘密も厳守させて頂いておりますのでご安心してご相談ください。
当店には住宅ローンアドバイザーの資格を有したスタッフも在籍していることから住宅ローンの
利用の可否に関するご質問やご相談も多数承っております。
住宅ローンをご利用の場合には借入可能金額を試算するためには細かな情報が必要となることもあります。
お伺いいたしました細やかな情報に関しましてもきっちりと管理させて頂き、
秘密も厳守させて頂いておりますのでご安心してご相談ください。

Q 購入したあとの手続きって何があるの?

A 基本的には通常の引越しと同じです。
「購入=ご契約」ではなくて「購入=お引き渡し」という前提であれば
住民票等の役所関係や電話・水道・ガス等の連絡といったことの手続き位で通常のお引越しと同じです。
ただし、住宅ローンをご利用になられている場合は住宅ローン控除の対象であれば確定申告で税務署に
足を運んでいただく必要が出てきたりはします。通常は不動産会社の方がその時々で必要な手続きを
丁寧に説明してくれますのでご心配いただく必要はございません。万一、事前に分かってないことに
不安をいただかれるようであれば、私共の出来る限り細かく説明させていただきますので、
是非、一度、ご来店ください。

Q 住宅ローンの事前審査の持ち物は何が必要?

A 基本的には源泉徴収票や運転免許証、健康保険証とお認印で審査が出来ます。
勤続年数が1年未満の方は源泉徴収票の代わりに直近3か月分の給与明細で大丈夫です。
個人事業主の自営業の方は源泉徴収票の代わりに確定申告書3期分があれば審査可能です。
事前審査の費用などは頂いておりませんので自分がどれだけのお借入れができるか
審査が通るのか心配な方など、お気軽にご相談ください!

Q 事前審査は大体どれくらいで結果がわかるの?

A   金融機関やお客様によっても変わりますが、基本的に約1週間ほどお時間を頂戴しております。

Q 気に入った物件があったので、物件を仮押さえしたいのですが…

A   賃貸とは違って物件を借りで押さえるというのはできません。 住宅ローンの事前審査の内定が出て初めて物件を押さえる事が出来ます。 せっかく気にった物件でも、事前審査をかけていないと他のお客様に取られてしまうケースがあります。 事前審査に約1週間の時間がかかってしまうので、物件購入前に必要書類をそろえて頂き事前審査をすぐにできるような準備が必要です。

Q 住宅ローンを組む際に返済年数を短くするメリットとデメリットは?

A   返済年数が短かければ、早くお支払いが済むという所ではメリットですが月々のお支払い額が上がってしまう事はもちろんですが
その他にも住宅ローンの借入金額が同じ所得でも最長35年と比べて期間を短くすればするほど少なくなってしまい、通りにくくなってしまいます。
弊社としては最長期間の35年で住宅ローンを組んで頂き、繰り上げ返済をして頂くという事をおすすめしております。

Q お車のローンやカードローンなども借り換えしたいのですが可能でしょうか?

A   可能です!金融機関によりますが今残債があるお車やカードローンの一括借り換えをして頂く事が可能です。
その他に新生活で必要な家電や家具のお金をローンに組み込むことができます。
引っ越しの費用など考えると家電や家具代なども融資の対象になる金融機関もございますので嬉しいですね!
カードローンやお車の残債で月々のお支払いが厳しい方や、残債があるから諦めているという方はまず店頭へお越し下さい!

Q 住宅ローンは何歳まで組めますか?

A   金融機関により異なりますが、お借入れ時70歳未満であるケースが多いです(ご完済時の年齢は満80歳迄となります)。
ただし、70歳を超える方でも「親子リレー返済」という制度をご利用になるのであれば、後継者の方がローンを引き継ぐという
条件でお借入れになることも可能です。

Q 女性単身でローンを組みたいのですが可能でしょうか?

A   女性単身でも住宅ローンを組んで頂く事が出来ます!
金融機関によっては、特典の付いた女性向けの住宅ローン商品を揃えています。
金融機関により商品内容が異なりますので、詳細についてはお問い合わせください。
その他にお子様名義でお借入れして頂く住宅ローンやご夫婦で一緒に組んで頂く住宅ローンなど種類も豊富に取り揃えておりますので
お客様の状況に応じたローンの組み方をご提案させて頂きます!

Q 自分が死んでしまったら、残っている住宅ローンを妻や子供が返済しないといけないのですか?

A   住宅ローンのお借入れ時には、原則として生命保険にご加入いただきますので、万一の時にご家族にご負担がかかるようなことはありません。
保険金で残りのローンは完済されます。
生命保険料については金融機関が負担する住宅ローンが一般的です。

Q もし、ガンや成人病になって長期間仕事を休む場合、住宅ローンの返済はどうなりますか?

A   多くの金融機関で任意で加入できるガン・三大疾病等の特約保険を用意しています。
金融機関にご相談ください.

Q “親子リレー返済”について教えてください。

A   70歳未満の後継者の方をご指定いただくことにより、後継者のご年齢を基にした借入期間を設定することが可能になります。
金融機関により基準が異なりますので、詳細についてはお問い合わせください。

Q 将来、金利が高くなって返済額が増えるのが心配です。今、ローンを借りていいのか不安です。

過去の金利水準からすると、近年はまだまだ低金利の時代といえます。
将来の金利高に備えたローンの組み方として、例えば、金利変動のない全期間固定金利型のローンを選択する方法があります。

Q 変動金利と固定金利の選択に迷っているのですが…

A  変動金利はいつでも固定金利に変更できますが、固定金利は固定期間中の変更はできません。
迷っているなら、変動金利でのお借り入れか、変動金利と固定金利のミックスなどもご検討になってみてはいかがでしょうか?

Q 転職したばかりで勤続年数が短く、住宅ローンを組めるか心配です…

  各金融機関は勤続年数ごとに取扱基準を設けています。
しかし、その基準を外れる場合でも、転職の経緯や過去の職務経歴等を加味して審査を行います。
転職したからといってお借入れができないわけではありません。まずは当社にご相談ください!

Q 契約社員や派遣社員でも住宅ローンを組めますか?

A  すでに一定の年数を継続して働いている方で、派遣会社などの所属会社から勤続年数や今後も継続して勤務できるという証明書を交付してもらえるのであれば、住宅ローンを組むことができる場合もあります。

Q 住宅ローンを借りるには保証人が必要ですか?

A  住宅ローンのお借入れには原則保証人は不要です。金融機関の指定する保証会社が保証いたします。
※お借入れの内容によっては連帯保証人が必要になる場合があります。

Q 退職して年金暮らしなんですが、年金収入だけでも住宅ローンが組めますか?

A  年金収入の内容、ご資金計画にもよりますので、個別にご相談ください!

Q 持病があるので、団体信用生命保険に加入できるか心配です。生命保険に加入できなければ住宅ローンも組めないのですか?

A  まずは団体信用生命保険の申込書兼告知書に告知事項(持病)を記入し、生命保険会社の審査を受けてください。
場合によっては医師の診断書が必要になります。
金融機関によっては生命保険に加入できなくても条件付きで住宅ローンを借りられる場合もあるので、まずは当社にご相談ください。

Q 生命保険には既に加入しているので、住宅ローンで生命保険に加入したくないです!

A  住宅ローンの借入れには原則、団体信用生命保険の加入が条件になります。
※団体信用生命保険(通称、団信)とは、主契約者が高度な障害を負ったり死亡した場合に保険金が
支払われる仕組みの保険で、これにより、住宅ローンの債務を弁済することができます。例えば、
主契約者が支払い中に死亡したとしても、住宅ローンの残金は保険金で弁済されるので、
残された家族には返済負担はなく、家は残ります。

Q 住宅ローンを利用する際にかかる諸費用を教えてください。

A  保証料、事務手数料、印紙、固定金利特約手数料などがあります。
また、保証料は金利に組み込む(上乗せする)ことにより後払いとすることも出来ます。
→住宅ローンの基礎知識「住宅ローンの諸費用」へ

Q 物件購入と一緒にリフォームをしたいのですがローンで組むことはできますか?

A  当社ハウスフリーダムは上場しており、銀行との信用もございますので物件価格+諸費用+リフォーム代を
一括してお借入れすることが可能です。
一生に一度のお家購入なので納得したお買い物ができるようにお手伝い致します!


  • リベロスクウェアーハウスフリーダムの家ー

    ハウスフリーダムの自社分譲物件

  • 売却物件大募集

    売却物件大募集

  • 土地買取り強化実施中!

    土地買取り強化中

  • 画像リンク

    各支店のご案内&HPへ